サイトM&Aの注意点

売値の基準に関する注意点

販売の大部分は、月ごとの収益の24ヶ月相当分が販売金額になります。従って、ひと月安定的に10万稼いでいるサイトに関しては、240万で取引できることが想定されます。 しかしながら、相手方が納得することになれば、期間はそれより一層伸張して5年計算もしくは10年計算などでも出すことはできます。ですので、原則的に相手方と相談する中において推し進めるものと注意しておきましょう。 近頃ではウェブサイト売買のマーケットそのものの知名度も上がって、スタート時から5年計算で出す人も見られますが、購入を検討する者が出ない場合は高値ですので、額面を通常の販売額まで落として交渉すると円滑に販売を推し進めることができます。

適正な取引ができるように注意が必要です

サイト売買のとき、サイトを購入するサイドはウェブサイトのデーター数値が正しいか判定しなくてはいけませんが、中にはサイトのデーター自体の内容が薄いこともあります。 大丈夫そうに見えて買い求めたサイトでも、現実に譲渡された後に運用をスタートするとアクセス数が異なったり、中身がなかったりということも稀ではないといえます。 それに対し、ウェブサイトを譲渡するサイドは適正価格で取引できるように査定に取り組むことはもちろん、売却した後にさまざまなトラブルに発展しないように、隠れたリスクなども含めてしっかりしたデューデリジェンスを行ってもらうことが大切になります。 両者が問題なく円滑に契約をするためにも、デューデリジェンスは重要になります。