サイトM&Aのやり方

サイトの運営者に直接打診する

ウェブサイトやウェブサービスの買収はどのように行えばいいのでしょうか。まず、もっともシンプルな方法として挙げられるのが、サイトの運営者に直接、買収を持ちかけるという方法です。ウェブサイトに明記されているメールアドレスへ買収したいという内容のメールを送る、あるいはなんらかのイベントや会合で運営者に会ったとき、持ちかけるということになります。
ただ、こうした直接でのやりとりによる買収が難しいのは、いろいろな局面でこじれる可能性があるという点です。たとえば、お金を払ったあと、いつサイトの引き渡しが行われるのか、もし約束通りに譲り渡しが行われない場合はどのようなペナルティがあるのかといったことを綿密に決めないと、お金を払ったあとになかなかサイトを引き渡してもらえないといったことになりかねません。

仲介サービスを通じてサイトを購入する

もう一つの方法としては、サイトの売買を仲介するサービスに登録し、そこで購入したいウェブサイトを探して申し込むというものが挙げられます。こうしたサービスでは、まず売り手側が運営しているサイトのテーマ、希望売却額、PV、広告収入、月額のコストなどの情報を提示し、買い手側は興味を持ったサイトがあれば仲介サービスに問い合わせを行い、納得したらお金を払うことになります。
仲介サービスを利用するメリットとして挙げられるのは、決められたシステムに沿ってサイトの引き渡しが行われる点でしょう。たとえば、多くの仲介サービスで、購入希望者がお金を払うと、それが直ちにサイト運営者に振り込まれるわけではなく、実際にサイトが引き渡された時点で入金されるといったシステムが運用されています。そのため、安全性の高い取引が可能です。