サイトM&Aの歴史

サイトM&Aの主な歴史

サイトM&Aは2000年、インターネット広告事業会社が懸賞情報サイトを買収したことで話題となりましたね。その約3年後には、通販サイトなどを手掛ける大手IT企業が日本最大級の総合旅行サイトを買収。同IT企業は翌年もサイトM&Aを進め、日本最大級クチコミ就職サイトの買収に成功します。
年を同じくして、インターネットサービスプロバイダ会社がレンタル掲示板を買収。同企業は翌年の2005年にもWeb制作会社が所有していたスノーボードオンラインショップを買収します。
2006年には大手ソフトウェア会社が同じく大手動画共有サイトの買収に成功します。サイトM&Aの主な歴史についてまとめてきましたが、どれもインターネットに強みを持つ企業が多い特徴を持ちます。

サイトM&Aをする理由

サイトM&Aの歴史について見てきましたが、なぜそれを実施するのか、その理由について説明します。
企業は業績が低迷すると、資金難などで経営活動が円滑に進められなくなります。また、好調な場合でも先行きが不透明なことから、収益が計算できる状態で売却するケースもあります。
サイトM&Aの主なポイントは事業の確立です。どの分野に力を入れるのか、ターゲットを決めて事業のメインとなる分野を確立します。そうすることで、少しでも収益が見込める分野に参入でき、労働に必要な人数、費用の削減に繋がり、コストカットができます。
また、サイトM&Aには相乗効果を期待できる面も持ち合わせています。お互いの事業の弱点を補うことで、上手く進められると経営活動が右肩上がりになります。
サイトM&Aは資金難による売却があれば、選択と集中で事業を確立するなど、様々な理由があります。